ビフィズス菌とは

ビフィズス菌と言うと、ヨーグルトに入っている菌というイメージが一般的でしょう。
このビフィズス菌は、人間だけでなく全ての動物の腸に必ず存在するもので、色々な働きを行っています。
ビフィズス菌と聞くと、この菌が健康面に良い影響をもたらすものと認識している人が多くいるように、ビフィズス菌は善玉菌の仲間です。

 

・そもそもビフィズス菌とは

 

単に「ビフィズス菌」と言っても、実は単一の種類ではなく、ビフィドバクテリウム属に所属し、菌の総称のことなのです。
発見されたのは1899年で、フランスのバスツール研究所というところで赤ちゃんの腸の中から発見されました。
それから多くの研究が進められ、健康面に効果的な働きがあることが判りました。
ビフィズス菌は、色々な環境の条件によってV字になったりY字になったりする「ビフィド」という特徴があり、これは数多くある乳酸菌の中でもビフィズス菌特有の特徴と言われています。
また、このほかの乳酸菌と違う点は乳酸のみでなく、酢酸も作る働きがあるというところにもあります。
他にも、ビフィズス菌は酸素のある環境が苦手なので、酸素があまり存在しない大腸に多く存在します。
不要物が溜まりにくい健康的な日常を送るためにも、ビフィズス菌は強い味方なのです。

 

・ビフィズス菌を効率良く増やすには

 

ビフィズス菌はトータルで30種類程見つかっており、この中でも人間の腸の中で存在する菌は10種類程度と考えれています。
腸の中の善玉菌のほとんどが、ビフィズス菌なのです。
ですので、人間の健康には効率良く善玉菌を保つ事が大事なのです。
善玉菌の仲間であるビフィズス菌は、自らが酸を造り出すものの酸自体に対する耐性は弱く、ヨーグルトなどで摂ったとしても胃酸によって分解されてしまうのです。
ビフィズス菌は腸内に存在するので、腸まで菌が行き届かなければ意味がムダになってしまいます。
このような状況の上で、胃酸で分解されないように工夫されたものが乳酸菌サプリメントになります。
乳酸菌サプリメントなら胃で溶けることなく腸まで行き届くので、効率良くビフィズス菌が摂取できます。

 

・ビフィズス菌で健康的に

 

腸の中で色々な働きを行ってくれる善玉菌ですが、その中でも酢酸を作るビフィズス菌は色々な健康職人に利用されています。
ビフィズス菌は人の体にとても大事な働きを行っており、これを意識的に補う事によって健康力アップに繋がります。
酸に弱いという特徴があるビフィズス菌なので、ヨーグルトなどから補うのも良いですが、乳酸菌サプリメントを上手に利用し、効率良く摂る事が好ましいでしょう。