ココナッツオイルで日焼け止め出来る?

ココナッツ独特のあの甘い香りを嗅ぐと、どんな製品を思い出しますか?
ココナッツのあの香りには、実際のところ意味があるのです。
ココナッツオイルには、紫外線を約20%程オフしてくれる効果が期待されています。
そこで、ココナッツオイルを利用した日焼け止めについて説明していきます。

 

〇添加物を含まない日焼け止め
ヴァージンココナッツオイルには、一般的なココナッツオイルと異なり無添加で丹念に水分や油分を分解させているオイルなのです。
オゾン層の破壊が進行し、地上に降り注ぐ紫外線の量はどんどん増えてきています。日焼けをすると、シミやシワの原因になります。
また、肌の乾燥にも繋がるので、様々な肌トラブルの原因にもなってしまうのです。
一年を通して日焼け止めを塗るのも良いのですが、その分お肌に掛かる負担はどうしても増えてしまいます。
日焼け止めの中には、合成添加物がたくさん含まれているものもあるため、肌の乾燥が悪化して肌トラブルを招く可能性があります。
そういった場合に、ココナッツオイルを日焼け止めの代わりとして使うと、お肌への負担を軽くする事が出来るのです。

 

〇屋内用の日焼け止めにも
しかし、真夏の強烈な日差しに含まれている紫外線には、ココナッツオイルだけでの日焼け止めには少々頼りないものもあります。
そこで、ココナッツオイルで日焼け止めをするならば、屋内にいる際に使用すると良いでしょう。
紫外線は屋外だけでなく室内にも侵入してきますが、屋外に居る時程直に当たることは少ないでしょう。
無添加のココナッツオイルを塗ることで、乾燥予防にもなり、紫外線もガード出来るため、一石二鳥ですね。