むくみと肝臓病の症状について

肝臓病の症状が進行すると、身体にむくみが生じるようになります。
このように著しい症状になってしまったら、肝臓病が非常に進行してしまっている状態です。
静かに働いてくれる肝臓は、自覚症状が出にくく、沈黙の臓器とも言われています。
確実に変だと思ったときは、最悪の事態になっていることも多いのです。

 

■肝機能が悪化したら
慢性肝炎が進行し肝細胞が硬くなることで、肝硬変になります。
肝臓は半分以上を切り取られたとして自力で再生できるまでの生命力がありますが、破壊と再生を何度も何度も繰り返した細胞はやはり滅びていきます。
肝臓に負担をかけていると思う方は、気をつける必要があります。
肝硬変になると肝細胞が硬くなりいずれは滅びるため、それ以上細胞は再生されません。
そして元来の機能が行えなくなった肝臓は、色々なな合併症を引き起こしたり身体の中にどんどん溜まる有毒物質を解毒するパワーが衰えてくため、全身を死に導いてしまうのです。
肝硬変は肝臓を強くすれば回復出来る病気だと思っていたら、それは間違いです。
悪化した肝臓病は、肝臓移植でもしない限り、進行のスピードを遅らせる以外の治療法はありません。
なぜ肝硬変になるかというと、、ウイルス性に次いでアルコール性が多いと言われています。
お酒を過剰に飲むとむくむことも、肝臓病はむくみと強いつながりがあることを知っておきましょう。

 

■腹水の症状について
肝臓病でよくあるのが、お腹がふくらんでしまう腹水の症状です。
非常に進行した肝臓病の人のお腹は、妊娠中のお腹のように大きく膨れてしまうのです。
肝機能が衰えると、水分をはじめ、身体の中の色々なものの代謝が悪くなります。
他にも、肝臓で栄養を分解し血液と一緒に全身に運搬することもできなくなり、状態はさらに悪くなってしまいます。
腹水の他にも、黄疸や男性の乳房が張ったり、皮下出血、爪が白くなるなどの症状が様々ありますが、どの症状も肝機能がかなり衰えたときに確実になります。
すぐ疲れる、むくみやすくなってきたと感じたら、肝機能が正しく働いているか受診して検診してもらうと良いでしょう。
肝臓病の症状が悪化すると、身体にむくみが出てきます。
このように著しい症状にまでなってしまったら、かなり肝臓病が悪化している証拠です。
何も言わずとも働いてくれている肝臓は、自覚症状が出にくい臓器です。
確実におかしいと気づいたときには、最悪の事態に陥っているケースも多いのです。