むくみと栄養について

人の身体の健康維持をするためには色々な栄養素が必須ですです。
特に、5大栄養素と呼ばれているたんぱく質、炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラルは、必要不可欠です。
ビタミンには意識して摂っている人も多そうですが、ミネラルは如何でしょう。
ミネラルとビタミンは、常時体内に微量ですが存在しています。
身体の中に溜めておけるビタミンと溜めることが出来ないビタミンがあり、毎日ある程度の量を摂取し続けることが大切なのです。

 

●ビタミン欠乏からくるむくみ
ビタミンとミネラルは、最後に「類」とよく付けられていますが、実は50種類近くもの種類があるそうです。
現在見つかっている種類でこんなにあるので、より増えることも考えられます。
残念なことに、ビタミンやミネラルは身体の中で合成はできません。
ですので、食事からとって栄養を補給しなければなりません。
サプリメントから摂ることが出来るできる栄養もありますが、基本的に食事から摂り、足りない分を栄養をサプリメントから補給するようにしましょう。
ビタミンが足りなくなると、ビタミン欠乏症によってむくみが生じることがあります。
全身にむくみが生じる事が多く、その他の病気の可能性がなければビタミン不足が原因かと思われます。
他に、必要以上に摂ると良くない栄養素もあるので、サプリメント頼りばかりは危険です。

 

●たんぱく質不足も注意
原因がわからない倦怠感や食欲不振、イライラなどが気になる方は、潜在的ビタミン欠乏症になっているかもしれません。
中でも、ビタミンB1の不足には注意深くいなければなりません。
ビタミンB1は炭水化物を代謝させたり、ブドウ糖をエネルギーに変え、たんぱく質の合成をサポートするなどの大切な働きを持っています。
たんぱく質がある程度作られない血液中に足りなくなると、筋肉が育ちにくくなってしまいます。
そのため、水分を排出しにくくなってむくみが出ることもあるのです。
ビタミンB1は水溶性なので、夏に汗をかけばその分体外に排出されてしまいます。
たんぱく質も足りなくなってくるので、注意する必要があります。
アルコールや糖分を代謝する際にもビタミンB1は必要不可欠で、足りなくなることで肝臓に負荷がかかる可能性があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人間の体を健康に維持するためには、様々な栄養素が不可欠です。
中でも、5大栄養素と呼ばれているたんぱく質や炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラルは、何はなくても摂取しておかなければなりません。
ビタミンには気をつけている人が増えているかもしれませんが、ミネラルはどうでしょうか。
ミネラルとビタミンは、常に体内にわずかな分量存在しています。
体内に蓄積しておけるビタミンとためておけないビタミンがあり、適度な量をとり続けることが大切なのです。

 

■ビタミン欠乏によるむくみ
ビタミンとミネラルは、最後に「類」とつけられることが多いように、50種類近くもの種類があるといわれています。
今わかっている種類だけでこれですから、さらに増える可能性も大です。
困ったことに、ビタミンやミネラルは体内で合成することができません。
そのため、食事からとって栄養を補うしかないのです。
サプリメントから摂取できる栄養もありますが、ベースは食事にして不足している栄養をサプリメントから補うという風に考えておくようにしましょう。
ビタミンが不足すると、ビタミン欠乏症によるむくみが出ることがあります。
全身にむくみが生じる傾向があり、他に病気の可能性がなければビタミンが不足しているためではないかと考えられます。
また、過剰に摂取するとよくない栄養素もありますから、サプリメントに頼りすぎるのは禁物です。

 

■たんぱく質の不足にも注意
原因不明のだるさや食欲不振、イライラなどに悩まされている人は、潜在的ビタミン欠乏症に陥っている可能性があります。
特に、ビタミンB1の不足には要注意です。
ビタミンB1は炭水化物を代謝させたり、ブドウ糖をエネルギーに変換する、たんぱく質の合成を助けるなどの重要な役割を持っています。
たんぱく質が十分に作られず血液中に不足してしまうと、筋肉が育ちにくくなります。
そのため、水分を排出しにくくなってむくみが出ることもあるのです。
ビタミンB1は水にとけやすいため、夏に汗をかくとすぐに排出されてしまいます。
たんぱく質も不足してきますから、気をつける必要があります。
アルコールや糖分を代謝するときにもビタミンB1は欠かせず、不足すると余計に肝臓に負担をかけてしまう心配があります。