むくみが生じる原因とは?

朝起きて鏡を見たら顔や脚がパンパンにむくんでいる、という経験をしたことがある女性も居ることと思います。
むくみを悩みとして抱える女性は多く居ます。
そのむくにとは、単純に言うと体内に水分が滞る状態を言います。
医学的に言うと浮腫といい、血管やリンパ管の外に血液中の水分が流れ出ててしまい、皮膚の下に滞る状態をそう呼びます。
それでは、むくみが生じる原因は何なのかご存知ですか?

 

むくみは病気が関わっているケースと、一過性のケースに区別されます。
最初はたくさんの人が経験あるかと思いますが、一過性のケースのむくみの原因についてです。
一過性で生じるむくみの原因は一つではありません。

 

最初に挙げられるのが、塩分の取り過ぎやミネラル・ビタミン・タンパク質の不足の原因です。
ラーメンを食べた次の日に顔がむくんでいた経験があるひともいるかと思いますが、これが塩分により血管の外に水が流れ出てしまっているからです。
ミネラル・ビタミン・タンパク質などの栄養素不足もむくみと関係しています。

 

また、ホルモンの影響からむくみが生じることがあります。
女性はホルモンの濃度の関係で、月経が開始するおよそ1週間前あたりからむくみを感じる人が多いです。
また、長時間にかけて同じ姿勢で居るとむくみが生じることがあります。
ずっと座りっぱなし、ずっと立ちっぱなしで居ると、脚に水が徐々にたまっていくので、夕方から夜に脚がむくみやすくなってしまうのです。

 

そして、冷えからくる血行不良や新陳代謝の低下を引き起こす運動不足もむくみの原因の一つです。
こういったように、むくみは色々な原因から引き起こってしまうのです。