買い取ってもらえないピアノは?

家庭などにあるピアノが不要になり、売りたいと考えることがあると思います。

 

そうした時に、どういうピアノなら売ることができ、どういうピアノであれば売ることができないのでしょうか?

 

ネット上にある情報から簡単にまとめてみました。

 

 

◆年式

 

中古ピアノ買取店のホームページなどを参考にしたところ、年式についてはそれほど気にすることは無いとのことでした。ピアノを購入してから何年も経過しているのは当然、ということだそうです。

 

ほとんどの場合、製造年から数えて30年程度までは、ほとんどのピアノに対して買取価格がついているようです。それよりも古いピアノの場合には、買取対象外になってしまうことが多いようですね。

 

もちろん、こうした基準は買取業者によって違ってきますから、一社で査定されてそれがすべてだとは考えずに、色んな業者に査定をしてもらった方が納得のいく結果になることが多いのではないでしょうか。

 

買取をしてもらえない場合だとしても、無料で処分だけでも引き受けてくれる業者もあるようです。

 

このあたりはメーカーなども関係なく、一律そのように扱うところが多いですね。

 

 

 

◆故障・傷

 

次に、故障や傷の状態ですが、ピアノに関しては日常生活でつくような小さな傷であればそんなに気にしていないように感じます。

 

もちろん、美品であればそれにこしたことはありません。

 

また、鍵盤の上がりが悪かったりなどという機能的な故障についても、実はそれほど査定額には影響が無いようです。多くの場合、フルメンテナンスをどちらにせよ行うので、気にするほどではないと考えているのかもしれません。

 

しかしながら、外装の塗装が剥げてしまったり、明らかにわかる大きな傷がある場合に関しては、やはり査定額が下がってしまうようです。

 

それから、内部の損傷についても査定額を下げる原因となっているみたいです。

 

このあたりの基準は、業者によって全然違っているみたいですね。

 

やはり、多くの業者に見てもらいながら、一番有利な買取店を選ぶ必要がありそうです。