ピアノの歴史

ピアノといえば誰もが知っている有名な楽器です。
しかし、音楽の授業などにおいては、有名な作曲家について習うことは多いですが、楽器の歴史まではなかなか習うことはないのではないでしょうか。

 

ピアノは1709年ごろ、バルトロメオ・クリストフォリというイタリアのチェンバロ製作家によって造られたそうです。この1709年ころの時代、 貴族達は自分達のために楽器を製作させるようになっていました。

 

バルトロメオ・クリストフォリはフィレンツェのメディチ家に仕えていて、ここの王子がチェンバロの改良をさせたことがピアノを生み出すキッカケになったといわれています。
どうして、わざわざ改良をさせたかというと、チェンバロの大きな欠点である音の強弱を解決するためだったそうです。

 

クリストフォリはハンマーアクションを加える事で、音に強弱をつけられるようにチェンバロを改良しました。だからピアノの正式名称は「クラヴィ チェンバロ・コル・ピアノ・エ・フォルテ」で、意味は「強い音と弱い音が出るチェンバロ」という意味。ピアノというのは音楽を習った人であれば知っているように、「弱い」という意味の単語です。

 

この長い名称がだんだん略されるようになって、 現在ではピアノと呼ばれるようになっています。

 

このピアノが、ドイツのゴットフリート・ジルバーマンやヨハン・アンドレアス・シュタインなどのオルガン製作家に継承されて改良されていくようになります。

 

そして1789年のフランス革命以降は貴族だけのものだったピアノが、一般にも普及していくようになります。それに伴って、ホールで演奏するための音量と音域が必要になってきました。

 

そこでフランスのピエール・エラールは素早く連打する事が可能なグランドアクションを発明し、ハープがフェルト製のハンマーを発明しました。

 

そしてリストやショパンの時代に音域が拡大し82鍵と大きくなっていきます。
それらの音域を駆使して作曲するようにしたのはリストでした。

 

それから19世紀に入ると、音域やアクションはさらに改良され高性能化を果たします。このころにはフレームに鉄骨も利用されるようになります。

 

そしてアップライトピアノもこのころに誕生しました。

 

それからヨーロッパのピアノメーカーなどによって、 第一次世界大戦が終わった後ぐらいに標準の音域が88鍵と統一されるようになりました。

 

日本では今でも有名なヤマハが、1900年(明治33年)に国内で初のピアノを製造し、1928年(昭和3年)にカワイのグランドピアノが完成するようになったそうです。

 

ピアノは最初から今の形状や構造ができていたのではなく、研究されて開発されたものだったのですね。