ピアノの引越し関連費用

ピアノを引越しするというのはけっこうな大ごとです。

 

いろんな体験談でそういう話を聞くことができます。
ある人は、子供のために実家からアップライトピアノを持ってくることにしました。

 

その際、某大手の引越し会社にお願いすることになったそうなのですが、ピアノの引越しに関しては、提携しているピアノ専門業者が請け負うことになっているという理由で、他の家財とは別日程になってしまったそうです。

 

そして、ピアノ用として見積もりは別で取られたそうです。あまり大手に頼んだ意味が無かったと感じたそうです。

 

さて、業者から引越しについての打ち合わせがある場合には、以下のようなことについて確認がありますので、答えられるようにしておくとよいでしょう。

 

・日時
・ピアノの種類(たとえばアップライトピアノorグランドピアノ)
・搬入時の様子(どこから入れたのか?クレーンを使ったのか?)
・今のピアノの設置位置
・搬送先でのピアノの設置位置

 

これらが決まっていないと業者も困る場合がありますので、事前にちゃんと決めておきましょう。

 

当日は、ピアノの様子を見て経路を確認したら作業が始まるかというとそうではなく、事前にピアノの状態をチェックすることが多いです。

 

使っていないピアノだと、内部に、湿気などによってカビが生えてしまっていることも少なくないそうです。そのまま動かすとさらに痛んだり、音が悪くなるために事前にクリーニングをすることになることもあります。その場合は別料金になります。

 

搬入が始まると、やはり業者は非常にスムーズに作業を進めていきます。
200から300キロのアップライトピアノでも、部屋を傷つけることもなく10分〜15分程度で作業を完了します。

 

そして、新居にもってくる際に、ピアノのインシュレーターが壊れている場合は買い替えが必要になる場合もあります。

 

さらに使っていないピアノであれば、音を正確なものにするために調律師の方に来てもらって調律をお願いすることになります。念に一度はするものですが、それだけで数万円は必要になりますので、引越しの諸費用とあわせるとけっこうな額になります。

 

引越しに関しては、こうしたことがいろいろ重なるために、数十万円はかかると考えておいた方が良いでしょう。