手汗は何故起こるのか

手汗を発症するのは何故なのか、それは未だに解明されていません。
ですが、発症の主な条件や要素などは少しずつですが明らかになってきています。
ではその要素や条件について、大きく分けて二つ紹介します。
まず、交感神経が強く働いた時に大量の汗が分泌されるというものです。
人間には交感神経と副交感神経という二つの自律神経があり、互いに働きかけることでうまく動いています。
交感神経のほうは、活動的なとき・緊張やストレスを感じているときに働く神経です。交感神経がよく働くと、新陣代謝も活発になるので汗がたくさん出ます。
また副交感神経のほうは、眠っている時・リラックスしている時に働く神経です。
この二つの神経が正常に働いていれば、活動的なときには交感神経が、休息時には副交感神経がそれぞれ優先的に働きます。しかし、手汗の疾患がある人は交感神経がいつも優先的に働いていることが多く、それが大量の汗をかいてしまう一つの要素になるそうです。
次に、ストレスなどで心が張りつめた状態になることが関わっているというものです。
はじめに紹介した交感神経と副交感神経の二つの神経が、些細な刺激やストレスが加わると過度に敏感になり、それによって手汗の症状が出る可能性もあります。
皆さんも、ストレスを感じたときや大勢の人の前で緊張した時に、激しく動いたわけでもないのに汗が出た経験はありませんか。これはいたって自然な現象ですが、度を越えて多すぎると手汗の症状に繋がります。
このように、普段意識することのない自律神経の作用が、手汗の疾患に深く関わっているようです。
手汗については話しづらく恥ずかしいと感じるかもしれませんが、症状をしっかり伝えることが最適な治療へとつながります。一人で抱え込まずに、少しでもおかしいと思ったら病院で検査をしてもらいましょう。

関連ページ

うまく誘えたとき
「爆発しろ」と思ったときに試してみたい5つの団扇
年代によって違うほうれい線対策
「爆発しろ」と思ったときに試してみたい5つの団扇
神仙桑抹茶ゴールドについて
「爆発しろ」と思ったときに試してみたい5つの団扇
脱毛ワックスとランキング
「爆発しろ」と思ったときに試してみたい5つの団扇
さまざまな住所の変更について
「爆発しろ」と思ったときに試してみたい5つの団扇
ラブレ菌とは
「爆発しろ」と思ったときに試してみたい5つの団扇
下半身ダイエットに自転車漕ぎ
「爆発しろ」と思ったときに試してみたい5つの団扇