ラブレ菌とは


ひとくちに乳酸菌といってもたくさんの種類のものがありますが、その中で、近年注目されているのが「ラブレ菌」です。
ラブレ菌は、食物性乳酸菌の一つで、正式にはラクトバチルス・ブレビス・サブスピーシス・コアギュランスと呼びます。
ラブレ菌は、近年利用されるようになった菌と思っている方も多いようですが、古代の日本でも用いられてきた乳酸菌なのです。
平安時代から存在する京都の蕪の漬物「すぐき」は、ラブレ菌を用いて作られているのです。
ラブレ菌を発見したのは、インターフェロン研究で有名な岸田綱太郎氏です。
彼は1986年、財団法人ルイ・パストゥール医学研究センターを設立し、1993年にすぐきにラブレ菌が用いられていることを発見しました。
ラブレ菌は、植物性乳酸菌で、強靭な生命力を持ち、環境が悪いところでも増殖します。
胃液や胆汁で死滅させられずに、腸までしっかり届けられ、腸内環境を正常化し、悪玉菌の増殖を抑えます。
また、ラブレ菌はさまざまな病気を予防できるとのことでたくさんの方から注目されています。
乳酸菌は免疫力アップ効果を持っていますが、特にラブレ菌は優れた免疫力アップ効果を持っており、ナチュラルキラー細胞(NK細胞)の働きを活発にするとのことです。
ナチュラルキラー細胞とは免疫細胞のことで、がん細胞を阻害するほどの力を持っています。また、感染症の予防にも有効な細胞です。
つまり、ラブレ菌を体内に取り込むことで、がん細胞やウイルスを撃退できるとのことです。
乳酸菌で病気を予防したいのであれば、ラブレ菌配合の発酵食品を摂取することをおすすめします。

関連ページ

うまく誘えたとき
「爆発しろ」と思ったときに試してみたい5つの団扇
年代によって違うほうれい線対策
「爆発しろ」と思ったときに試してみたい5つの団扇
神仙桑抹茶ゴールドについて
「爆発しろ」と思ったときに試してみたい5つの団扇
脱毛ワックスとランキング
「爆発しろ」と思ったときに試してみたい5つの団扇
さまざまな住所の変更について
「爆発しろ」と思ったときに試してみたい5つの団扇
手汗は何故起こるのか
「爆発しろ」と思ったときに試してみたい5つの団扇
下半身ダイエットに自転車漕ぎ
「爆発しろ」と思ったときに試してみたい5つの団扇